投稿者「fujitadental_admin」のアーカイブ

新型ウイルスに対する展望について。世界の動向や、開発の進捗について。

気温も上がり、いよいよ梅雨間近の今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。皆様にとって、新型ウイルスに対する特効薬やワクチンの開発は、いち早く望まれる物の考えます。そこで世界中の研究や治験がどの程度進捗しているのか、まとめてみました。私は大学院の研究で免疫抗体特に唾液免疫のIgA抗体の研究を遺伝子組み替え等を用いて研究しておりました。従いまして免疫分野でも特に抗体や遺伝子組み替え技術を用いたワクチン開発などには、多少知見があります。PDFは医療従事者向けの内容ですがご笑覧頂ければ幸いです。  藤田記

Download (PDF, 2.8MB)

藤田歯科医院のファンで”好き”でいてくれている患者さんへ大切なお知らせ

春の爽やかな風も気持ちが良い今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?さて藤田歯科医院はこの5月開院22年周年を迎えました。診察台2台従業員2名で開業した当医院も皆様のおかげで、診察台5台、従業員9名を数える歯科医院となりました。しかしながらこの春は、新型コロナウイルスへの対応を余儀なくされ、

1、今までの診察で我々の歯科医院の医療従事者が、感染を起こしていないかどうかの確認。

2、新たなレベルでの感染対策の準備

という2点の確認、解決に迫られ、4月20日より1ヶ月弱の休診という苦渋の決断をいたしました。さてご報告になります。まず”1”についてですが、休診期間中毎日当医院スタッフ検温を実行いたしました。3週連続して従業員全員の平熱が確認出来ましたので、4月までの診察においての感染者は居なかったということになります。

次に”2″についてですが、口腔外バキュームによる飛沫、エアロゾルの飛散防止、歯科顕微鏡(マイクロスコープ)の使い捨てドレープによる飛沫の拡散防止、精密治療拡大視野ルーペとLEDライト装着下のフェイスシールド改造、医療用ガウンが入手が極めて困難なため、ビニール袋ガウンでの患者応対、受付アクリル板間仕切りの設置、また患者さん検温のための非接触式体温計の導入。

以上の対策を講じます。

御来院の皆様には、検温の実施、アルコール手指消毒、診察中以外のマスクの着用、診察前のリステリンによるうがいの実施をお願いする事となります。

この体制で5月12日から診察の再開を迎えますが、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

文責 藤田歯科医院 歯科医師、歯学博士(口腔外科学専攻)、日本大学兼任講師 藤田 裕

非接触式体温計

歯科顕微鏡のドレープ

口腔外バキューム

口腔外バキューム

フェイスシールド

ビニールのガウン

受付アクリル板の設置

患者さんへお願い

 

Fujita Dental Clinic Pubric announcement(Measures against Covid-19)

To take measure against Covid-19, We are doing “Universal precaution” and state of art disinfection methods as well as  rinsing patients mouth with antiseptic liquid,

In this time It’s hard to control our about dental instrument like emitting water spray, they might have risk transmitting virus.

Coincidently, American Dental Association and Japanese academy of oral surgery announced interim postponement recommendation about non urgent dental procedure.

consideration about these situations, Our Clinic have decided,

  1. From April 6th, we focus on put in prosthesis, and urgent treatment(tooth ache, gum swelling)
  2. We’ll close our clinic from April19th to May9th to prevent spreading or transmitting the virus.
  3. after that, We’ll decide how to act depends on the situation.

Thank you for your cooperation.

藤田歯科医院 4月6日からの患者対応について(緊急)

お知らせ 新型コロナウイルスの対応について

感染拡大が続く新型コロナウイルスに対応するためかねてより、藤田歯科医院では、術前の患者さんの抗ウイルス効果のあるうがい液の使用や、患者毎の器具消毒、ユニバーサルプリコーションの徹底を行ってきましたが、歯科の治療の特性上、切削器具や超音波を使用した器具の飛沫の管理には、限界があり、科学的医学的に見ても現在のウイルスの急な拡散や医療従事者の感染の危険は、無視が出来ないと思われます。先月月末、米国歯科医師会提言(American Dental Association )は、飛沫が拡散する処置の可能な限りの延期と応急処置に限定した歯科治療に限定して行う様提言しました。それに続き、日本口腔外科学会、東京医科歯科大学も同様の対応を始める事となっております。当医院といたしましても、まず第一に患者さんを感染から守り、また当医院医療従事者の感染や拡散の予防をするため、

1)4月6日からの診察は応急処置と修復物の装着、矯正装置の調整に限定。

その他の処置は5月連休以降に延期させて頂く。

2)重要局面と思われる4月19日から大型連休明け5月9日までは、歯科医院によるクラスター(集団感染)を防止するため休診

3)それ以降の診察は、原則応急処置のみにしますが、局面を鑑みて再度当医院スタッフ協議を経て決定する。

と致します。急ではありますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

 

ハッピーカム 4月緊急特別号 ウイルス対策編

桜も見頃を過ぎ春らしい日差しの明るさが出て参りました今日この頃皆さいかがお過ごしでしょうか?さて当院では、院内感染予防の徹底は、かねてより行っているものですが、歯科の特性上、飛沫の管理が急務であります。高性能バキュームの使用は、もとよりですが、診察前”リステリン”のうがいが、ウイルスの不活性化にかなり大きな効果があることが分かってきました。そこで当院では、予めリステリンのうがいを皆さまにして頂くことになりました。我々スタッフ、患者さん双方とも安心して診察に臨めることとなります。またリステリンがお口に合わない場合、研究によるとヨードうがい液にも同様の効果があることが分かっておりますので、申し出頂ければ、薬液交換致しますので宜しくお願い致します。

文献:米国臨床歯周病学会誌、米国メリーランド大学ヒトウイルス学、診断及び病理学Dr.T.F.Millerら (引用文献には東京歯科大学微生物学奥田教授の論文もあります。)論文(英文です。)ご参照ください。以下サイト

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/j.1600-051X.2005.00673.x

ハッピーカム ブログのサイトはこちら→ https://wp.me/p9V5tK-Tb

今こそお口のメインテナンスをしよう!

日々のニュースが、感染の話で気持ちも晴れない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?添付論文は、東京歯科大学名誉教授奥田先生の口のバイオフィルム(口腔内細菌)の話です。(老年歯科学会誌2008)に掲載されたものです。図6にウィルスと咽頭粘膜の接着様式が有り、口腔内細菌がウィルスの付着を手助けする動態が書かれています。表1にある様に歯科衛生士などプロのケア、歯のクリーニングを受けると、感染して症状を出す事が少ない事も分かってます。歯と歯茎を守るためのプロの歯のクリーニングやケアは、ウィルスの付着も遠ざける素晴らしいものなのです

Download (PDF, 1.67MB)

About our clinic’s universalprecaoution

This is public announcement regarding corona virus spreading all over the world.

To prevent infection or spreading the virus, our clinic implement”Universal precaution” It refers to practice in dental medicine to avoid contact with patients fluids by means of wearing of medical gloves, goggles and face shields, as well as using vacuum systems to prevent spreading minute particles or dust from dental restoration material and wipe out doors floor with antiseptic liquid. 

If you have extraordinary body temperature or cough, please let us know. 

Thank you! 

Fujita Dental Clinic

藤田歯科医院の取り組み(感染予防、ユニバーサルプリコーション)

春らしい陽気の日も増えて参りました今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか? 

さて、近頃、新型のウィルスの拡散に伴う感染予防は、患者さんのみならず我々医療従事者にとっても緊急の課題であります。藤田歯科医院では、もとよりユニバーサルプリコーション(普遍的予防策)を実施しております。例えば患者さんごとの使い捨てグローブ交換、診察ユニットのアルコールおよび塩化ベンザルコニウム消毒、切削器具(タービンやハンドピース)の患者毎消毒、修復物の調整時のバキュームカートによる粉塵拡散の防止、床やドアノブのエタノール消毒等です。また、我々医療従事者としては、ヨウ素やアルコール入りの含嗽剤でのうがい、マスク、グローブ装着、アイグラスの装着、アルコールスプレーの配布を通じて感染源の断絶を図っております。患者さんにおかれましても発熱や咳などの症状がある際はあらかじめお知らせ頂きたくご協力よろしくお願い申し上げます

ハッピーカム 2月号 歯科衛生士雑誌掲載編

 

皆様、まだ寒さが続くこの季節いかがお過ごしでしょうか?この度、歯科衛生士向け専門雑誌”タフトくらぶ”に当医院歯科衛生士堀之内、渡辺が唾液検査、また医療面接の方法論”MI”(Motivational interviewing)について書かせて頂きました。当医院では予防重視しており、殆ど全ての患者に唾液検査をさせて頂きそこから個人個人の特性に合わせた予防プログラムのご提案をさせていただいております。医療面接の方法”MI”はより患者さんひとりひとりの生活背景や習慣、嗜好に寄り添う形の方法でより患者それぞれに合わせた提案ができるものと考えます。