月別アーカイブ: 2020年3月

今こそお口のメインテナンスをしよう!

日々のニュースが、感染の話で気持ちも晴れない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?添付論文は、東京歯科大学名誉教授奥田先生の口のバイオフィルム(口腔内細菌)の話です。(老年歯科学会誌2008)に掲載されたものです。図6にウィルスと咽頭粘膜の接着様式が有り、口腔内細菌がウィルスの付着を手助けする動態が書かれています。表1にある様に歯科衛生士などプロのケア、歯のクリーニングを受けると、感染して症状を出す事が少ない事も分かってます。歯と歯茎を守るためのプロの歯のクリーニングやケアは、ウィルスの付着も遠ざける素晴らしいものなのです

GDE Error: Error retrieving file - if necessary turn off error checking (429:Too Many Requests)

About our clinic’s universalprecaoution

This is public announcement regarding corona virus spreading all over the world.

To prevent infection or spreading the virus, our clinic implement”Universal precaution” It refers to practice in dental medicine to avoid contact with patients fluids by means of wearing of medical gloves, goggles and face shields, as well as using vacuum systems to prevent spreading minute particles or dust from dental restoration material and wipe out doors floor with antiseptic liquid. 

If you have extraordinary body temperature or cough, please let us know. 

Thank you! 

Fujita Dental Clinic

藤田歯科医院の取り組み(感染予防、ユニバーサルプリコーション)

春らしい陽気の日も増えて参りました今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか? 

さて、近頃、新型のウィルスの拡散に伴う感染予防は、患者さんのみならず我々医療従事者にとっても緊急の課題であります。藤田歯科医院では、もとよりユニバーサルプリコーション(普遍的予防策)を実施しております。例えば患者さんごとの使い捨てグローブ交換、診察ユニットのアルコールおよび塩化ベンザルコニウム消毒、切削器具(タービンやハンドピース)の患者毎消毒、修復物の調整時のバキュームカートによる粉塵拡散の防止、床やドアノブのエタノール消毒等です。また、我々医療従事者としては、ヨウ素やアルコール入りの含嗽剤でのうがい、マスク、グローブ装着、アイグラスの装着、アルコールスプレーの配布を通じて感染源の断絶を図っております。患者さんにおかれましても発熱や咳などの症状がある際はあらかじめお知らせ頂きたくご協力よろしくお願い申し上げます