2012年8月ドイツシロナ社CT X線装置導入しました。(左CT撮影機 右サーバールーム)

 

2012年8月医院改装しました。(受付、診療室廊下、診療室)

 

 

 

2011年2月 診察におけるSurgitel社ルーペの使用について

 

 

微細な視野の確保と精密な治療の提供のため必要の応じてサージテル社

ルーペを使用しております。

 

 

 

 

 

 

2010年6月2日虫歯予防大会概要

                            プレゼンテーション行いました。                       

詳しく はこちら

           

 

2010年2月 アンケート結果報告

平成22年1月に無作為でご来院の患者さんにアンケートを行いました。結果を参考に今後の藤田歯科医院のサービス向上に役立てたいと存じます。(以下pdfファイルです。)

アンケート結果その1

アンケート結果その2

 

 

 

 

 

2009年   12月 レセプトオンライン化に対する藤田歯科医院の対応について

社会保険診療オンライン化についての見解と当医院の対応について

 

ご存知の通り、レセプトオンライン化義務化の猶予期間中である現在、当医院は電子カルテと手書きカルテの併用により、トラブル発生時の危機回避を行っております

。一方レセプト請求に際しては平成21年度現在オンライン化対応はしておりません

。厚労省通達により、開設者が65歳以上、もしくは年間請求件数が2000件以下の診療所は義務免除となります。したがってどちらの条項にもあてはまらない当医院は義務化の対象医療機関であります。

 しかしながら皆様の大事な個人情報を有する電子カルテ、レセプトコンピュータをインターネットに接続することは、未知のリスクを負うこととなります。(情報の流出やウィルス感染)

 そこで、藤田歯科医院ではオンライン化に際し、認められた電子媒体(MO,CD,フロッピーディスク)を使用した請求を行うこととし、引き続きインターネットに一切接続しない環境を守ることは皆様にお約束申し上げたいと思います。新年度より運用予定です。

 We have to cope with online-receipt petition. until 2010

Recently governmental policy said  onlined-receipt petition will be obligation . As  you can see this dental clinic uses computed record system as well as ordinary clinical record. And  this clinic have not been adapted a sort of online systems despite of to be obligation .Fujitadental clinic has to  protect your clinical information or inteligence. And you can see onlined systems has something risk of inteligenceleakage or computervirusinfection.

So our Clinic decided  not-onlined but  to use CD-R recording and sending author CD-R clinical petition information directly, instead of online sendingway until next  month. This systems is better than online to protect  information leakage and also confirmed by

government.

 

Thanks for your cooperation.

   Hiroshi Fujita(D.D.S,Ph.D)

 

 

2009年10月 藤田歯科医院ユニフォームについて

歯科医療においてはは、今後の高齢者や全身疾患を有する方への偶発症予防に対策を講じてあります。特にいわゆる白衣症候群は我々医療従事者の診察時の白衣が患者様の血圧上昇を誘発する大きな因子であります。そこでこの症候群の予防の一環として10月より従業員のユニフォームを廃止して新たに白色以外の服にて診察にあたることとしました。新しい試みで皆様方には戸惑いもお有りかと思いますがご理解の程、宜しくお願いします。

2009年10月19日新型空気清浄機導入しました。

院内相互感染予防のためにパナソニック製ナノイー空気清浄機導入しました。

 

先日参加した日本歯科医学会国際セッションパネリスト演題と議論内容(1〜3)に記します。4に私見を記しました。

(英文)

November.15 08’International session in The 21st General Meeting of the Japanese Association for Dental science at Yokohama(Passifico Yokohama)

Risk Assessment for Periodontal Disease

Prof. Mark I Ryder (California Univ. School of Dentistry Dept of periodontal disease)

Prevention is the key to Maintaining Oral and Systematic Health

Prof. Louis G Depaola (Maryland Univ. Baltimore school of Dentistry Dept of Pathology)

The Role of Periodontal Medicine in dentistry

Prof. Nobuhiro Hnada (Tsurumi Univ.)

 1.Latest movement in U.S.

Insurance company in U.S. noticed how to prevent the periodontal diseases because they have ability of decline and prevention whole body disease(for ex. Diabetes, Heart disease) and They compare the treatment fee of Dental and the another organs care.The dental care and prevention fee is remarkable cheaper than one of anther organs.

2.Discussion about Dental rinse

Some Author told CPC is effective to eliminate the oral germs. But actually CPC connect to bacteria(it makes non toxic bacteria)weakly, and They think using CPC in the periodontal disease is consideration.

The other hand Essential oil connect with bacteria strongly, and it eliminates bacteria effectively, that why many author recommend Essential oil .So, If curing periodontitis aim to decrease the oral germs using Oral rinse,CPC is more weak to disinfection than essential oil . Essential oil include Alcohol to melt the oil, someone hate this or cause allergic reaction. So if they couldn’t use Essential oil, CPC might use. After all, using CPC is 2nd choice.

 3.Discussion about P.gingivalis Vaccine (P.V)

P.V. have developed in mice and another animal experience is still go on,but human research of P.V. don’t exist. If completely developed P.V. in human,effect of P.V.is still considerable, because Oral biofilm consist many bacteria include P.gingivalis, andP.V. only targeting P.gingivalis couldn’t beat other germs.

 4.My own thought of this session

Recently in U.S. involved the insurance company, the curiosity about Oral health care is growing also it would .in another country. And I hope they all live in the world improve their whole body health include Oral health coming true. 

I don’t care developing Vaccine to eliminate Oral germs.If any author develop complete Vaccine. That remain another problem. If they apply appropriate amount of Vaccine in periodontitis ,another organs may cause problem, such as Heart disease, inner vascular problem. And the other hand remove such problem, Vaccine might have been decline the effect.       

Hiroshi Fujita(D.D.S,Ph.D) November 15 2008 wrote this manuscript.

 

 

色彩学的考察

色彩識別能力はトレーニングで向上が図れますが、特に若い女性は色に敏感である。といわれてます。眼球の水晶体の加齢変化に伴い色彩認識能力は少しずつ衰えますが、それでも男性より女性は色彩感覚に敏感といわれてます。色の配色や比色にマンセルの色立体を使用する場合が一般的ですが、色には色相(Hue)彩度(Chroma) 明度(Value)以上HCVの3軸があり、審美的要求に的確に判断をするにはこのHCV3軸を基準に色を比べます。1)

我々歯科領域では前歯に治療の際にかぶせ物や詰め物の色を隣接する歯と同調させることが必要です。とくに歯の色は明度が高く、彩度が低い、色調が多彩という特異な性質があるため日ごろからのトレーニングが必要となります。また歯周病の診断の際の歯肉の色の判定にも色彩識別がかかせません。毛髪や肌の色とのコントラストも考慮するため色彩識別は高い能力が要求されます。2)

同じHCV3軸で色彩識別を行う職業として美容師があげられます。例えば毛髪の色を明るくしたいとしてもそれが色相(H)なのか彩度(C)なのか明度(V)なのかは美容師が的確に判断が必要です。我々歯科医療従事者も同じなのです。それが故、当医院では従業員の色彩感覚を研鑽していくため従業員の毛髪の色等は制限をしておりません。我々歯科医療従事者が毛髪の色に敏感になることは直接歯や歯茎の色の敏感になることと同義だからなのです。

                     

 

例えば上の4つの色を比較します。左上の色を基準とします。対し右上の色は明度が同じで彩度が半分くらいまで落ちたもの。

左上に対し左下は彩度は同じで明度が落ちたもの。最後に右下は左上に比し、彩度も明度も同じですが色相が違うものであります。直感的に比すと明度の違いと彩度の違いを識別するのに訓練が必要です。幸い歯の色相は毛髪のファッションカラーリングと近似し、赤、茶、黄の混合色が多いので毛髪のカラーリングの色の楽しみ方と歯の色の識別は通じる点が多いと考えられるわけです。

ここからはあくまで私的意見ですが、歯科医療従事者も美容師と同じ目線で色の評価ができるべきであると思います。美容院で自らカラーリングを楽しむのもよし。服のカラーを楽しむもよし。まして当医院スタッフのような若い女性の場合それは重要なことでありますのでおおいに楽しんでもらえたらいいなと願っています。

Reference (参考文献)

1)色彩の科学、金子隆芳、岩波書店、1988

2)歯冠色のアート、指宿真澄 、ジーシー1992、第2刷

藤田 裕 2008年5月29日記